【医師転職】面談・面接時の自己紹介の仕方について

医師の自己紹介の仕方

医師の転職時には、転職希望先の人事担当者と必ず面談・面接があります。
履歴書や職務経歴書は持参しますが、面談・面接時にはそれらを見ながら「自己紹介をお願いします」と言われることでしょう。

では、面談・面接時の自己紹介についてお話します。
まず事前準備として、数日前から転職希望先の医療に関する考え方や経営方針は調べておきましょう。
自己紹介時にはこれに沿ったことを応えるのがおすすめです。
自分の名前はもちろん、自己紹介時には志望動機やこれまでの経歴や医療に対する自分の考え方を話すことが自分のPRになります。
人事担当者に、自分がこの病院にきたらこのような医療で貢献したい。
そうPRすることで、担当者に好印象を与えることができます。
医療に対する考え方が正反対の医師では、担当者も採用したいとは思えませんからね。
事前準備をしっかりすることで、当日の自己紹介もスムーズに行くことでしょう。

ちなみにただ淡々と自己紹介をするのはおすすめできません。
はっきりと・できるだけ明るく話す。
目線は担当者をしっかりと見て。
当たり前のことですが、意外とできない方も多いので話し方についても当日を想定して練習しておくと安心です。
このような話し方や態度は、自信を持って仕事をしてくれるという担当者へのアピールになります。

人事担当者へ自分を上手にアピールするために、事前準備をしっかりと行い当日に備えてください。

【医師転職】面接の前にある面談。一体面談と面接は何が違うのか?

医師転職における面談と面接の違いとは?

医師が転職をしようとすると、まず転職希望先の人事担当者と会うのは当たり前のこと。
しかしそのとき「面談」と「面接」の2つを提示されると思います。

今これを見て、面談と面接の違いをすぐに言える方は少ないでしょう。
では、面談と面接の違いを簡単に説明します。

まずは面談です。
面談とは転職希望者と担当者の顔合わせのようなものです。
具体的にいえば、採用は決まっていて顔合わせをして相性を見るような場だと思ってください。

それに反して面接は、採用が決まっていなくて担当者が転職希望者を選考する場となります。
採用するか?不採用にするか?
希望者に様々な質問をして、人間性などを見て判断する場所になります。
そのため希望年収や希望勤務日以外にも、志望動機や臨床経験・専門医や認定医の資格などの有無など、質問をされたら応える必要があります。

要するに面談は少し敷居が低いですね。
面接はこれから採用になるか不採用になるか?
見極めの場所となりますので、様々な質問を想定し準備していく必要があります。

これを知っておかないと、転職活動時に失敗する原因となってしまいます。
これから転職を考えている方は、面接なのか?面談なのか?
必ず確認しておくようにしましょう。

ちなみに面談だからと言って、あまり力を抜きすぎると不採用になることもありますよ。
服装や受け答えなど、面接と同様に準備をしておくと安心できるでしょう。

【医師転職】面接時のポイント!成功する転職はこれで決まる!

医師転職における面接時のポイント!

転職に慣れている医師ならまだしも、転職が初めてという医師にとって面接については未知のものでしょう。
医師が転職するときの面接時のポイントを知っておくと、初めての人でも少しは不安が解消されるでしょう。

では、面接時のポイントとは?
まず服装は正装で。
スーツ着用・髪型も清潔に・女性ならば軽くメイクをしておくといいでしょう。
医局で忙しく過ごしていると、どうしても見た目に気を遣うことも難しくなりがちですよね。
いつも通りの格好で行くと、人事担当者に驚かれてしまいますよ。

もちろん面接時に何を質問されるかも、考えて答えをあらかじめ考えておきましょう。
例えばなぜこの求人に応募したのか?というのは当たり前のこと。
現在の医局のことやこれまでの職務や経歴について、医師として何を心がけているのか…
これらのことは、質問されてもスムーズに応えられるように準備してください。

医師は人手不足と言われていますので、あまり一般の面接よりも厳しくはないと言われています。
しかし、最初から聞かれてもいないのに給与や待遇面などを聞きすぎると、悪い印象を持たれてしまい不採用となってしまうこともあります。
いくら人手不足でも、人間面で問題ありと判断されれば採用は見送られてしまいます。
その点は注意してください。

【医師転職】面談時の注意点!病院担当者が見ているポイント

医師転職における面談時の注意点!

医師の転職時には、人事担当者が面接を行うことが多いですよね。
では、医師転職における面談時の注意点とは?
簡単にポイントをまとめておきます。

まず服装ですが、スーツ着用をおすすめします。
最近では会食をしながら面談も…ということもあるそうですが、それでもスーツがいいでしょう。
見た目で第一印象が決まりますので、服装は正装のスーツ・髪型やメイクなどもきちんとした格好で行きましょう。

また面談時の態度も注意してください。
待遇がいい求人は、もちろん人気の求人です。
多くの転職を考えている医師が殺到するでしょう。
そのため、できるだけ好印象を持ってもらうために、高圧的な態度や発言は避ける・面接時に質問されることを想定し返答を考えておく。
これらの準備をしておきましょう。
特に「何か質問などはありませんか?」と聞かれる面談は多いもの。
このときに「特にありません」では、人事担当者に好印象を持ってもらうのは難しいもの。
何かしら考えておくといいと思います。

もし面談時のことで不安があるならば、最近は医師専門の転職サイトもあります。
コンサルタントが面談時のアドバイスをしてくれることもありますので、相談してみると良いでしょう。