【医師転職】面接の前にある面談。一体面談と面接は何が違うのか?

面談と面接の違いは?

医師転職における面談と面接の違いとは?

医師が転職をしようとすると、まず転職希望先の人事担当者と会うのは当たり前のこと。
しかしそのとき「面談」と「面接」の2つを提示されると思います。

今これを見て、面談と面接の違いをすぐに言える方は少ないでしょう。
では、面談と面接の違いを簡単に説明します。

まずは面談です。
面談とは転職希望者と担当者の顔合わせのようなものです。
具体的にいえば、採用は決まっていて顔合わせをして相性を見るような場だと思ってください。

それに反して面接は、採用が決まっていなくて担当者が転職希望者を選考する場となります。
採用するか?不採用にするか?
希望者に様々な質問をして、人間性などを見て判断する場所になります。
そのため希望年収や希望勤務日以外にも、志望動機や臨床経験・専門医や認定医の資格などの有無など、質問をされたら応える必要があります。

要するに面談は少し敷居が低いですね。
面接はこれから採用になるか不採用になるか?
見極めの場所となりますので、様々な質問を想定し準備していく必要があります。

これを知っておかないと、転職活動時に失敗する原因となってしまいます。
これから転職を考えている方は、面接なのか?面談なのか?
必ず確認しておくようにしましょう。

ちなみに面談だからと言って、あまり力を抜きすぎると不採用になることもありますよ。
服装や受け答えなど、面接と同様に準備をしておくと安心できるでしょう。