【医師転職】面談・面接時の自己紹介の仕方について

自己紹介

医師の自己紹介の仕方

医師の転職時には、転職希望先の人事担当者と必ず面談・面接があります。
履歴書や職務経歴書は持参しますが、面談・面接時にはそれらを見ながら「自己紹介をお願いします」と言われることでしょう。

では、面談・面接時の自己紹介についてお話します。
まず事前準備として、数日前から転職希望先の医療に関する考え方や経営方針は調べておきましょう。
自己紹介時にはこれに沿ったことを応えるのがおすすめです。
自分の名前はもちろん、自己紹介時には志望動機やこれまでの経歴や医療に対する自分の考え方を話すことが自分のPRになります。
人事担当者に、自分がこの病院にきたらこのような医療で貢献したい。
そうPRすることで、担当者に好印象を与えることができます。
医療に対する考え方が正反対の医師では、担当者も採用したいとは思えませんからね。
事前準備をしっかりすることで、当日の自己紹介もスムーズに行くことでしょう。

ちなみにただ淡々と自己紹介をするのはおすすめできません。
はっきりと・できるだけ明るく話す。
目線は担当者をしっかりと見て。
当たり前のことですが、意外とできない方も多いので話し方についても当日を想定して練習しておくと安心です。
このような話し方や態度は、自信を持って仕事をしてくれるという担当者へのアピールになります。

人事担当者へ自分を上手にアピールするために、事前準備をしっかりと行い当日に備えてください。