【医師転職】履歴書の書き方について

医師の履歴書の書き方

転職時の面接・面談には、必ず履歴書を持参することになります。
履歴書は人事担当者に、自分がどのような人物であるか?これまでの職歴や臨床経験を知ってもらうための重要なものです。

そこで、履歴書の書き方のコツを紹介します。

まず写真の用意。
履歴書には3ヶ月以内に撮影した証明写真を使う決まりがあります。
新しく写真を撮っておくといいでしょう。

学歴には中学卒業あたりから記入するのが一般的です。
高校・大学と記入していきますが、公立・私立や学部や学科などまで詳しく書きましょう。
このときに表彰歴などもあれば、アピールのために書いておくといいでしょう。

資格や免許の欄には、医師免許や専門医・認定医などの資格以外にも所持しているものは全て書いておきましょう。
直接医師として働くことに関係のないものでも構いません。
業績欄には学会での発表論文・高騰論文などを書いておきましょう。

志望動機についてですが、これは書く前に転職希望の職場についてよく調べてから書きましょう。
職場の方針や医療機関で行っている研究内容など。
それらに興味がある・このようなことをやって貢献したい。
これらを書くとアピールにつながるでしょう。

そして忘れてはいけない「職務経歴書」です。
これについては決まった書式はありませんので、パソコンのWordなどで研修医から書いていきます。
症例数なども書いておくといいですね。

できるだけ細かく詳しく書いておくことをおすすめします。
関係ないようなことでも、担当者がそれを見て話を広げるきっかけになることもあります。
自分のことをよく知ってもらうために、履歴書は詳しく丁寧に書きましょう。